地域密着医療の新拠点 砺波、ものがたり診療所庄東が開所

中山間地を抱え、高齢化が進む砺波市庄東地区の医療を支える「ものがたり診療所庄東」が1日、同市宮森にオープンした。住民が働き掛け、医師を招き開所にこぎ着けた。地区のかかりつけ医として週2回診療する。
 砺波市内で二つの診療所を開き、訪問診療も行う医療法人社団ナラティブホーム(砺波市山王町、佐藤伸彦理事長)が医師を派遣する。
 3月で砺波総合病院を退職した同法人の医師、八木清貴さん(42)が所長を務め、佐藤理事長とともに患者を診る。病状によって砺波総合病院を紹介するなど、一人一人に適した医療サービスの提供を目指す。
 庄東地区は般若、東般若、栴檀野、栴檀山で構成し、人口は約5300人。高齢化率は3割を超える。昨年春に般若地区の診療所が閉鎖し、住民の間に身近な診療所を求める声が根強かったことから、各地区自治振興会が集まってつくる「庄東振興協議会」(村岡修一会長)が開設準備を進めてきた。診療所は、10年ほど前に医療施設開設を目指し、計画が中止となった物件の一部を活用。賃貸料などの経費は協議会が負担する。
 開所式で佐藤理事長が「身近なかかりつけ医として役立ちたい。日本一の地域医療をつくっていきたい」と話した。
 毎週火曜、金曜の午後1時半から同4時まで診療する

同じ敷地にある 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団 砺波地域福祉事業所 富山型デイサービス 大空と大地のぽぴー村 砺波市のコミニュティーバス停留所・畑農園・草刈りにヤギを入れ自然あふれる 福祉村として地域に愛されております。

201108120819000
11088680_754577324657224_190891812_o
11092718_754577394657217_733322232_n
11085642_754577364657220_1643478609_o
11086926_754577337990556_1142186652_o
1369461708035

グループホームひだまり絆  18室 訪問介護支援 トータル・メディカル津沢株式会社 が隣接しております。

2012072009250000
2012072110210000
タイトルとURLをコピーしました